生元素安定同位体比解析によるコシヒカリの産地判別の可能性 Tracing the Geographical Origin of Rice Applied by Stable Isotope Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 鈴木 彌生子 SUZUKI Yaeko
    • 首都大学東京大学院理学研究科 Department of Chemistry, Graduate School of Science, Tokyo Metropolitan University
    • 中下 留美子 NAKASHITA Rumiko
    • 首都大学東京大学院理工学研究科 Department of Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Metropolitan University
    • 伊永 隆史 KORENAGA Takashi
    • 首都大学東京大学院理工学研究科 Department of Chemistry, Graduate School of Science and Engineering, Tokyo Metropolitan University

抄録

コメの産地偽装問題が起きており,コメの産地を科学的根拠に基づいて判別する技術が必要とされている.本研究は,日本産,豪州産,米国産コシヒカリを用いて,炭素・窒素・酸素安定同位体比解析を行い,安定同位体比解析によるコメの産地判別の可能性を検証した.解析の結果,日本産のコメの安定同位体比は,平均値で,炭素では米国産よりも0.7‰,窒素では豪州産よりも3.8‰低く,酸素では豪州産と米国産よりもそれぞれ12.6‰,3.5‰低い値を示した.安定同位体比から,日本産のコメは,他国産のコメと識別できることが明らかになった.安定同位体比解析は,DNA判別や微量無機元素測定などの他の技術と相補的に利用すれば,強力な産地判別技術になる可能性がある.

Despite numerous problems with mislabeling of geographical origin of rice, scientific methods for tracing the origin of production are still lacking. In this study, we report that stable isotope analysis utilizing carbon, nitrogen, and oxygen is useful for tracing the geographical origin for rice grown in Japan, Australia, and the USA. Our results show that the average stable isotope ratios of Japanese rice were lower than those of Australia and the USA for carbon and nitrogen, respectively, and lowest among the three countries for oxygen. Stable isotope analysis will be a powerful tool for tracing the geographical origin of rice among countries when complemented with DNA and multi-element analyses.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(5), 250-252, 2008-05-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178784
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9490300
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ