豆類のニコチアナミン含量とアンジオテンシンI変換酵素阻害活性 Nicotianamine Content in Various Beans and its Inhibition Activity of Angiotensin- I Converting Enzyme

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

豆類41種類の熱水抽出液のACE阻害をスクリーニングしたところ,ナタマメを除きいずれも強いACE阻害を示した.IC<SUB>50</SUB>値の比較ではササゲ属が他の属に比較して阻害力が弱い傾向が見られた.<BR>豆類のニコチアナミン量は,絹さや(生)で77.0mg/乾物100gと最も多く,インゲン属,ダイズ属,エンドウ属などでは,ほとんどが30~55mg/乾物100gと豊富に含まれていた.属間の比較では,ササゲ属はエンドウ属(p<0.05),インゲン属,ダイズ属(p<0.001)と比較して有意にニコチアナミン量が少ないことが示された.<BR>豆類抽出物のACEに対するIC<SUB>50</SUB>値はニコチアナミン量と相関があることが示された.また,そのときの抽出物中ニコチアナミンの存在量は,ニコチアナミン標品のIC<SUB>50</SUB>値と一致していた.このため,豆類熱水抽出物のACE阻害は,ほぼニコチアナミン単独で発現しているものと推測された.

Soybean is known to inhibit activity of angiotensin-I converting enzyme (ACE). The inhibitory substance is nicotianamine. However, little research has been conducted on beans aside from soybeans. We studied the inhibition of ACE and nicotianamine content of 41 different beans.<BR>Among these beans, particularly effective ACE inhibitory activity was found in Kinusaya (fresh), Gokushousuzumamedaizu, and Greenpeace (fresh) beans. The amount of nicotianamine for every 100g dry powder was the highest in Kinusaya fresh), followed by Benishibori and Green soybean bean (fresh). For comparison of the genera with nicotianamine content, nicotianamine content in Vigna was significantly less than that in Pisum (p<0.05), and Phaseolus and Glycine (p<0.001).<BR>The strength of ACE inhibition of beans was correlated to the amount of nicotianamine content. This shows that ACE inhibition of beans is attributable to nicotianamine content.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(5), 253-257, 2008-05-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021178801
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9490320
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ