カキ11品種の若葉に含まれるビタミンCとポリフェノール含量 Vitamin C and Polyphenol Content in Young Leaves of 11 Persimmon Cultivars

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カキの葉には,ビタミンCとタンニンが多く含まれる.しかし,カキの若葉の成分についての研究はそれほど多くなく,特に天ぷらに用いる若葉についての研究は全くない.そこで,2006年5月に東京と横浜で採取した11品種('富有'・'次郎'・'前川次郎'・'伊豆'・'東京御所'・'松本早生富有'・'陽豊'・'禅寺丸'・'西村早生'・'西條'・'平核無')13試料の若葉についてビタミンCとタンニン含有量を比較した.また,一部の若葉は天ぷらにし,調理影響を調べた.ビタミンCは2,4-ジニトロフェニルヒドラジン法で測定し,ポリフェノールはアルコール抽出液をフォーリン・デニス法で測定し,タンニン酸として濃度を算出した.総ビタミンCの平均含量は756.2±139.0mg/100gであり,品種別では最も多い品種が'平核無'の978.7mg/100g,少ない品種が'富有'の567.1mg/100gであり,総ビタミンCに占める還元型ビタミンCの割合は85.1±5.7%であった.ポリフェノールの平均含量は927±217mg/100gであり,品種別では多い品種が'禅寺丸'の1484mg/100g,少ない品種が'富有'の569mg/100gであった.若葉の総ビタミンC及びポリフェノール含量の平均値は,完全甘ガキ,不完全甘ガキ,渋ガキの間で差がなかった.天ぷらにした若葉の総ビタミンC含量は少し減少し,タンニン量に変化はほとんどなかった.5~7cmのカキ若葉の天ぷらを1枚食べることにより,ビタミンCは3.7mg,ポリフェノールは5.3mg摂取できることが分った.

Japanese persimmon (<I>Diospyros kaki</I> Thunb) leaves contain large amounts of vitamin C and polyphenol, but there are few reports on the edible young leaves, which are prepared by deep-frying (tempura). The young leaves of 11 cultivars of Japanese persimmon (<I>Fuyu, Jiro, Maekawa Jiro, Izu, Tokyogosho, Matsumoto Wase Fuyu, Youhou, Zenjimaru, Nishimura Wase, Saijo, Hiratanenashi</I>) were collected in May 2006 in Tokyo and Yokohama, and 3 kinds of leaves were deep-fried. Total vitamin C content averaged 756.2±139.0mg/100g fresh weight with <I>Hiratanenashi</I> containing the highest amount at 978.7mg/100g and <I>Fuyu</I> containing the lowest amount at 567.1mg/100g. Polyphenol content expressed as tannic acid averaged 927±217mg/100g fresh weight with <I>Zenjimaru</I> containing the highest amount at 1484mg/100g and <I>Fuyu</I> containing the lowest amount at 569mg/100g. Average vitamin C and polyphenol levels did not differ between the young leaves of the sweet-type and astringent-type persimmons. After deep-frying, total vitamin C content decreased and polyphenol content changed very little compared to fresh leaves. Intake of a deep-fried young persimmon leaves (5-7cm) corresponds to the intake of 3.7mg of vitamin C and 5.3mg of polyphenol.

収録刊行物

  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology  

    日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 55(7), 345-349, 2008-07-15 

    Japanese Society for Food Science and Technology

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021179066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10467499
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    1341027X
  • NDL 記事登録ID
    9573839
  • NDL 雑誌分類
    ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-126
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ