安定同位体比分析によるアルコールの起源特定について Botanical and Geographical Origin Identification of Ethanol by Stable Isotope Analyses of C, H, and O

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 充克 SATO Michikatsu
    • 山梨大学大学院 医学工学総合研究部ワイン科学研究センター 人材養成拠点 Lifelong Wine Education Program, The Institute of Enology and Viticulture, University of Yamanashi

抄録

食の安全は世界的な関心事になっており, その製造過程を明らかにすることは食の安心・安全を確保する上で不可欠である。アルコ*ルは酒類の重要な成分であり, また食酢や味噌, 醤油などの製造にも用いられている。アルコールの起源の特定については安定同位体比分析が有効とされ, 当分析法の最近の進歩発展によりその起源が一段と精度よく特定できるようになった。筆者は安定同位体比分析によるアルコールの起源の特定に深くかかわっておられ, トレーザビリティへの応用の可能性も含め, その現状について詳しく解説していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 103(2), 104-112, 2008-02-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021179207
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    9380623
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ