乳酸菌バクテリオシンによる微生物制御 Microbial Control with Bacteriocins from Lactic Acid Bacteria

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 澤 稔彦 SAWA Naruhiko
    • 九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門応用微生物学講座 微生物工学分野 Laboratory of Microbial Technology, Division of Microbial Science and Technology, Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University
    • 善藤 威史 ZENDO Takeshi
    • 九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門応用微生物学講座 微生物工学分野 Laboratory of Microbial Technology, Division of Microbial Science and Technology, Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University
    • 中山 二郎 [他] NAKAYAMA Jiro
    • 九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門応用微生物学講座 微生物工学分野 Laboratory of Microbial Technology, Division of Microbial Science and Technology, Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University
    • 園元 謙二 SONOMOTO Kenji
    • 九州大学 大学院農学研究院 生物機能科学部門応用微生物学講座 微生物工学分野 Laboratory of Microbial Technology, Division of Microbial Science and Technology, Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University

抄録

近年, 消費者の食に対する安心と安全の意識は高まる一方で, 低塩や低糖化, 天然志向, 非加熱などの食品の増加により, 食の安全性が確保されにくいのが現状である。この様な中で, 乳酸菌の生産するバクテリオシンを利用した食品の製造や品質保持に関心が高まっている。そこで本稿では, 乳酸菌バクテリオシンの性質, スクリーニングの初期段階での新奇性の判別方法の確立, バクテリオシンの利用, 今後の展望などについて解説して頂いた。今後も新たなるバクテリオシン並びにその実用化に向けて, 一層の研究を期待したい。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 103(4), 223-229, 2008-04-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021179406
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    9474516
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ