酒類醸造における酵母ミトコンドリアの解析とその育種への応用 The Role of Mitochondria of Yeast during Alcohol Fermentation and Its Application for Breeding of Industrial Yeast Strains

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

酒造用酵母におけるミトコンドリアの働きは醒の経過や有機酸等の重要な成分の生産に大きく影響すると考えられてきたが, 実験方法の困難さもあって, その体系的な研究はほとんど行われてこなかった。最近, ミトコンドリアの形態形成や変化にともない酵母自体の死滅や醒成分に変化の起こることを示す研究成果が発表され, 今後の進展が期待される。<BR>ここでは, 酵母ミトコンドリアの働きと清酒醸造とのかかわりについて, 最新情報と著者らの可視化による解析結果, エタノールによる死滅やリンゴ酸代謝に及ぼす影響及び醸造酵母の育種への応用について紹介していただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 103(5), 314-320, 2008-05-15 

    Brewing Society of Japan

参考文献:  43件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021180305
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    9512170
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ