日本酒製造業にとっての海外市場の意義と可能性(III) : 第三部 海外市場拡大のための実践的課題と手法 Meanings and Possibilities of Non-Japanese Market for Sake Brewers (III)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

嗜好品である酒を海外で普及させるには, 個別企業それぞれによる市場実態を踏まえたマーケティングと官・業界によるE本酒普及のための素地づくりが重要である。第三部では米国等での素地づくりの実態と今後の課題について解説いただいた。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 103(6), 406-410, 2008-06-15 

    Brewing Society of Japan

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021180898
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    9550981
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ