産学官共同研究による「福岡オリジナルソフト清酒」の開発 The Development of "the Fukuoka Original Soft Sake" by the Industry-University-Government Cooperative Research

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大場 孝宏 OBA Takahiro
    • 福岡県工業技術センター生物食品研究所 Biotechnology and Food Research Institute, Fukuoka Industrial Technology Center

抄録

清酒需要が全国的に低迷している中, 酒どころである福岡県も製造数量が減少してきている。そこで, 福岡の酒の復権を目的として, 福岡県独自の酒造用米「夢-献」と低アルコール清酒酵母「ふくおか夢酵母」を開発し, 女性層・若年層をターゲットとした低アルコールタイプのソフト清酒2種を商品化した。<BR>産学官が協力してオリジナルの清酒開発に取り組んだその経緯を詳細にわたって紹介いただいた。今後の清酒の商品開発のモデルとして参考になろう。<BR>また, ソフト清酒用として開発された「夢-献」と「ふくおか夢酵母」は純米酒タイプの生貯蔵酒やお燗用清酒にも応用されている。清酒復権の先鋒役として今後の動向にも注目したい。

収録刊行物

  • 日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan  

    日本醸造協会誌 = Journal of the Brewing Society of Japan 103(7), 510-516, 2008-07-15 

    Brewing Society of Japan

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021181475
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10034389
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09147314
  • NDL 記事登録ID
    9583186
  • NDL 雑誌分類
    ZP15(科学技術--化学・化学工業--醗酵・微生物工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-416
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ