イチゴ輸送中の損傷を防止する新たな包装形態 New Type of Packaging for Preventing Damage to Strawberry Fruits During Transport

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 北澤 裕明 KITAZAWA Hiroaki
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 石川 豊 ISHIKAWA Yutaka
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 中村 宣貴 [他] NAKAMURA Nobutaka
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization
    • 椎名 武夫 SHIINA Takeo
    • (独)農業・食品産業技術総合研究機構食品総合研究所 National Food Research Institute, National Agriculture and Food Research Organization

抄録

包装形態の違いがイチゴの損傷発生に及ぼす影響について検討した。通常包装では, 加振により短時間で果托の広範囲に損傷が発生した。また, 通常包装と比較して損傷を軽減するとされる平詰め包装においても, 損傷は短時間で発生し, 発生割合および損傷面積についても通常包装とほとんど変わらなかった。一方, 縦詰め包装では損傷の発生割合は加振時間とともに緩やかに増加し, 通常包装と比較し, 損傷の発生が減少する傾向がみられた。特に, 損傷面積は通常包装の3割程度であった。したがって, 果托同士の接触を回避し, 緩衝材やパックとの接触を最低限に抑えることができる縦詰め包装は, イチゴの輸送中の損傷を回避する包装方法として有効であると考えられた。また, 縦詰め包装において損傷部位は果托の赤道付近から萼部位に集中することが明らかとなったことから, これらの部位における損傷を軽減するために, 果托の支持に用いる底面緩衝材の材質について検討した。その結果, 密度8.7×10<SUP>-2</SUP>g・cm<SUP>-3</SUP>および25%圧縮応力2.69×10<SUP>-2</SUP>MPaをもつゴムスポンジを用いた場合, 損傷の発生割合および損傷面積が最小となった。

Packaging has a significant effect on strawberry damage. In conventional 2-layer packaging, strawberry damage occurs rapidly and extensively. Packaging holding strawberries horizontal on a sponge cushion, although expected to reduce such damage, has turned out instead to incur nearly the same degree and speed of strawberry damage as conventional 2-layer packaging. We have proposed packaging that holds strawberries in a vertical position, and have found that such an arrangement minimizes contact between strawberries. Moreover, our proposed packaging decreases damage area to 30% that of conventional packaging. Our proposed packaging maintaining strawberries in a vertical position thus effectively decreases damage during transport. Damage as such was concentrated on the equatorial portion and calyx of strawberries. In a study of damage reduction with three types of sponge material, we found that damage was lowest with rubber sponge having a density of 8.7×10<SUP>-2</SUP> g·cm<SUP>-3</SUP> and a compression stress of 2.69×10<SUP>-2</SUP> MPa at 25% distortion.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 34(1), 19-23, 2008-01-30 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021183817
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    9369348
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ