カキタンニン(II) : カキ渋-過去・現在と今後の利用の可能性 Kaki-tannin (Part II) : Kaki-Shibu-The history of use and the new application in the future-

この論文をさがす

著者

    • 今井 敬潤 IMAI Kyoujun
    • 大阪府立大学大学院生命環境科学研究科 Graduate School of Life and Environmental Sciences, Osaka Prefecture University

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 34(2), 113-116, 2008-03-30 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021184088
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    9467519
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ