抗グルタミン酸受容体抗体陽性は自己免疫性脳炎の確実な診断根拠といえるか? Is the presence of anti-glutamate receptor antibody positive evidence for "autoimmune" encephalitis?

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY  

    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 48(3), 211, 2008-03-01 

    Societas Neurologica Japonica

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ