脳梁の脳表側とこれに隣接した左右大脳半球に病変をみとめ, 多発性硬化症がうたがわれた1症例 A case of suspected multiple sclerosis with transcallosal lesions involving the upper surface of the corpus callosum

この論文をさがす

著者

    • 大矢 寧 OYA Yasushi
    • 国立精神・神経センター武蔵病院神経内科 Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kobe University
    • 尾方 克久 OGATA Katsuhisa
    • 国立精神・神経センター武蔵病院神経内科 Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kobe University
    • 小川 雅文 OGAWA Masafumi
    • 国立精神・神経センター武蔵病院神経内科 Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kobe University
    • 川井 充 KAWAI Mitsuru
    • 国立精神・神経センター武蔵病院神経内科 Department of Neurology, Graduate School of Medicine, Kobe University

収録刊行物

  • 臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY  

    臨床神経学 : CLINICAL NEUROLOGY 48(5), 321-327, 2008-05-01 

    日本神経学会

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021187585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00253207
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0009918X
  • NDL 記事登録ID
    9524885
  • NDL 雑誌分類
    ZS31(科学技術--医学--精神神経科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-298
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ