シャトル箱法による心的外傷後ストレス障害(PTSD)モデルの現状と将来展望 Present status and prospects about an animal model of post-traumatic stress disorder in rats using a shuttle box

この論文をさがす

著者

    • 清水 邦夫 SHIMIZU Kunio
    • 防衛医科大学校防衛医学研究センター行動科学研究部門 Division of Behavioral Sciences, National Defense Medical College Research Institute
    • 菊地 章人 KIKUCHI Akihito
    • 防衛医科大学校防衛医学研究センター行動科学研究部門 Division of Behavioral Sciences, National Defense Medical College Research Institute
    • 鈴木 豪 SUZUKI Go
    • 防衛医科大学校精神科学講座 Department of Psychiatry, National Defense Medical College
    • 澤村 岳人 SAWAMURA Takehito
    • 防衛医科大学校防衛医学研究センター行動科学研究部門 Division of Behavioral Sciences, National Defense Medical College Research Institute
    • 松永 兼剛 MATSUNAGA Kengo
    • 防衛医科大学校防衛医学研究センター行動科学研究部門 Division of Behavioral Sciences, National Defense Medical College Research Institute
    • 高橋 祥友 TAKAHASHI Yoshitomo
    • 防衛医科大学校防衛医学研究センター行動科学研究部門 Division of Behavioral Sciences, National Defense Medical College Research Institute

収録刊行物

  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology  

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 26(4), 155-168, 2006-08-25 

参考文献:  47件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021190115
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10437793
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402544
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用 
ページトップへ