ストレスが脳内カルシウム・カルモデュリンキナーゼIIの活性に与える影響 Influence of stress on the activation of CaMKII in the brain

この論文をさがす

著者

    • 末永 貴美 SUENAGA Takami
    • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経医科学 Department of Psychiatry and Neurosciences, Division of Frontier Medical Science, Programs for Biomedical Research, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University
    • 森信 繁 MORINOBU Shigeru
    • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経医科学 Department of Psychiatry and Neurosciences, Division of Frontier Medical Science, Programs for Biomedical Research, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University
    • 山脇 成人 YAMAWAKI Shigeto
    • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科精神神経医科学 Department of Psychiatry and Neurosciences, Division of Frontier Medical Science, Programs for Biomedical Research, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University

収録刊行物

  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology  

    日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 26(4), 169-175, 2006-08-25 

参考文献:  40件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021190163
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10437793
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13402544
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ