食品関連事業から排出される食品廃棄物の現状と課題 : 改正食品リサイクル法 Present Situation of Waste Generation from Food : Food-waste Related Issues for Japanese Food Industries : Revisions to the Food Recycling Law

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

食品の製造, 流通および消費段階のすべての食品関連事業者に対して食品廃棄物の再生利用等の推進を図るため, 食品リサイクル法 (「食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律」) が平成13年5月に施行された。施行後の食品廃棄物の発生量は, 微増傾向にあるが, 全食品関連事業における食品廃棄物の再生利用等実施率 (重量ベース) は, 平成13年度の37%から平成18年度の53%へと着実に向上し, 一定の成果が認められた。しかしながら, 業界別に比較すると, 食品小売外食産業において低迷しその取り組みに格差が見られた。以上のような経過を踏まえて概ね5年を経て同法の見直しがなされ, 平成19年12月から改正食品リサイクル法が施行された。改正食品リサイクル法では, 食品関連事業者に対する指導監督の強化と再生利用等の取り組みの円滑化の措置を講ずることとした。

In order to promote the recycling of food wastes generated in all stages of food-related businesses, including food production, processing, distribution, and consumption, the Food Recycling Law was enacted in May 2001. Following its enactment, the volume of food waste being generated tended to increase slightly, while the recycling rate for food waste (determined by weight base) at all food-related businesses improved from 37 percent in Fiscal 2001 to 53 percent in Fiscal 2006. Moreover, the results were recognized to be steady and consistent. The recycling rate in the food retail and service industries did, however, tend to fall off comparatively.<BR>Based on the above trends and marking the five-year period, revisions to the Food Recycling Law were incorporated in December 2007. Amendments further facilitate supervision and promotion of guidance in recycling efforts for all corresponding food-related businesses.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH  

    廃棄物学会誌 = WASTE MANAGEMENT RESEARCH 19(4), 160-165, 2008-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021194873
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    9649375
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ