廃棄物埋立地におけるガス組成の経年変化 : 多量成分と脂肪族炭化水素(C2-C6) Changes in the Composition of Gases Emitted from a Final Landfill Site : Major Components and Non-methane Hydrocarbons (C2-C6)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物埋立地では,発生するガス (埋立ガス) に含まれるメタンや二酸化炭素などの濃度や発生量が埋立廃棄物の安定化の判断材料になっている。しかし,焼却残渣主体の埋立地では層内保有水のpHがアルカリ性に偏る場合があり,酸性ガスである二酸化炭素が吸収され,メタンの割合が大きくなるなど,多量ガス成分だけで安定化の状況を判断することは困難である。<BR>本報では,埋立終了した産業廃棄物の管理型最終処分場において,脂肪族炭化水素 (NMHC:C2~C6) に焦点を当てて埋立ガスの組成を調査した。その結果,酸素供給量の少ない深層ほど,メタン濃度のNMHCの合計濃度に対する比は高く,炭素数4および5でイソ体の割合が小さかった。また,埋立後時間が経過した場所では,さらなる時間経過とともにNMHCが炭素数の少ない化合物へと移行するとともに,エタン濃度の炭素数2のNMHCの合計濃度に対する比が大きくなった。これらのことから,NMHCの炭素数の構成や異性体比は,埋立廃棄物の安定化指標となる可能性が示唆された。

Gases such as methane and carbon dioxide are usually emitted as major components from landfill sites for solid wastes, and their concentrations and amounts have been used to judge the status of site stabilization. However, it is difficult to judge stability only from major components in cases where retained alkaline water in waste layers absorbs the carbon dioxide of acidic gas and, as a result, increases the methane concentration in landfill sites with abundant incineration residues.<BR>In this study, the composition of gases emitted from a controlled landfill site for industrial wastes, where landfilling had been stopped, was investigated with a focus on non-methane hydrocarbons (NMHCs: C2-C6) of trace compositions. The ratio of methane concentration to total concentration of NMHCs was higher and iso-Butane/(iso-Butane+n-Butane) and iso-Pentane/(iso-Pentane+n-Pentane) was smaller in the gases obtained from deeper layers, where the oxygen supply was lower. The composition of NMHCs shifted to those with lower carbon numbers with the landfill age at some monitoring points, and ethane/NMHCs with two carbons became more concentrated. This indicates that these kinds of ratios may be applied to judge the status of landfill site stabilization.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts  

    廃棄物学会論文誌 = Journal of the Japan Society Waste Management Experts 19(4), 244-254, 2008-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021194897
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    9649440
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ