IPBCあるいはDDACを加圧注入した杭の被害経過と耐用年数 Progress on damage and service life of wood stakes impregnated with IPBC or DDAC

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

奈良県明日香実験林において実施している野外杭試験のうち, 2種類の有機系木材防腐剤を加圧注入した杭の被害経過と耐用年数について報告する。今回供試した薬剤は, 防腐成分として, IPBC (3-ヨード-2-プロピニルブチルカルバメート) あるいはDDAC (ジデシルジメチルアンモニウムクロリド) を含有している。JIS K 1571-2004「木材保存剤の性能試験方法及び性能基準」4. 2. 3野外試験に準拠し, スギ辺材杭試験体に所定濃度に調整した薬剤を加圧注入し, 養生した後, 試験地に設置した。<BR>当試験地におけるスギ辺材無処理杭の耐用年数は2年程度であるのに対して, いずれの薬剤で処理された杭も, 防腐成分の吸収量が高いほど耐用年数は高くなり, 10年以上の耐用年数が得られた。また, 防腐成分の吸収量が同じであっても, 防蟻成分の種類や製剤化の工夫により, 耐用年数に差が見られた。

The progress of damage and service life of wood stakes impregnated with two kinds of organic preservative were investigated by field stake test at ASUKA in Nara prefecture.<BR>The stakes were made of sapwood of sugi (<I>Cryptomeria japonica</I> D. Don). The dimensions of each stake were 30×30×600mm. The preservative used were IPBC (3-iodo-2-propynyl-butylcarbamate) and DDAC (Didecil-Dimethyl-Ammonium-Chloride).<BR>The service life was estmated on the basis of the biodegradation of the stake observed near the ground. The service life of treated stakes increased with the retention of preservative. The service life of untreated stakes was 1.7 years in this field. And the maximum life of treated stakes was over 10 years in both preservatives.

収録刊行物

  • 木材保存 = Wood preservation  

    木材保存 = Wood preservation 34(3), 112-118, 2008-05-25 

    日本木材保存協会

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021213594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00240373
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    02879255
  • NDL 記事登録ID
    9524797
  • NDL 雑誌分類
    ZP21(科学技術--化学・化学工業--木材)
  • NDL 請求記号
    Z17-745
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ