仔ヤギにおけるコレシストキニン(CCK)の分泌調節と機能に関する研究 Study on the function and secretion of cholecystokinin (CCK) in young goat

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 小林 洋介 KOBAYASHI Yosuke
    • 独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 National Institute of Livestock and Grassland Science
    • 小原 嘉昭 OBARA Yoshiaki
    • 東北大学大学院農学研究科動物生理科学分野 Department of Animal Physiology, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University
    • 加藤 和雄 KATOH Kazuo
    • 東北大学大学院農学研究科動物生理科学分野 Department of Animal Physiology, Graduate School of Agricultural Science, Tohoku University

抄録

反芻動物は、他の哺乳類では栄養とすることが不可能であるセルロースやヘミセルロースをルーメン内微生物によって分解し、その分解産物である揮発性脂肪酸(VFA)をルーメンから吸収し、エネルギーとして利用している。しかし、誕生直後1、2週間の新生仔は草類の摂取はほとんどなく、栄養源を下部消化管から吸収された母乳中の糖質や脂質およびタンパク質などに依存している。このため反芻動物では、食物の消化やエネルギーの獲得に関連する調節機構が離乳期に劇的に変化する。本研究は、シバヤギにおける離乳や採食に伴うコレシストキニン(CCK)分泌の変化を検討することを目的とし、採食に伴う血漿中CCK濃度の変動に及ぼす離乳の影響を観察した。さらに、CCKの機能と他のホルモンにおよぼす作用を検討するため、CCK-8投与試験、ザーネン種ヤギ下垂体前葉細胞のGH分泌能におよぼすCCK-8の作用、消化管組織中CCK濃度を測定した。

収録刊行物

  • 栄養生理研究会報  

    栄養生理研究会報 52(1), 11-17, 2008-03-14 

    家畜栄養生理研究会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021217330
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0002315X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02864754
  • NDL 記事登録ID
    9422401
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1506
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ