胚のバイオメカニクスからみた胚品質の評価手法 Elasticity Measurement of Zona Pellucida Using a Micro Tactile Sensor to Evaluate Embryo Quality

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヒト生殖補助医療において、多児妊娠を防ぐために最良の胚を選択して単一胚移植するための定量的な選別方法が必要とされている。私たちはマイクロタクタイルセンサ(MTS)を開発して透明帯の弾性を初めて測定し、胚品質を定量的に評価する手法を提案している。本報告ではMTS測定の胚に対する安全性を検討するとともに、卵子のバイオメカニクスと胚品質との関係について総論する。MTSは微少超音波を利用して生体弾性率を測定する針状の硬さセンサであり、濃度の異なるゼラチンゲルとの比較から硬さを定量測定する。胚盤胞においては卵子全体の硬さ、初期胚においては受精前後の硬化・軟化の程度を定量化し、ブタ・ウシ・マウスを用いて各測定値と胚品質との関係を見出した。さらに胚品質に関係する生理学的メカニズムに関して考察し、実験による検討を追加する。最後に、本手法を用いてヒト胚の胚品質を評価した例を紹介する。従来の形態的胚品質評価に加え、本手法を加えることでより確実な良好胚の識別が可能となり、選択的単一胚移植の成功率が向上すると期待される。

To enable improved success rates of IVF, we developed the technology to optimize embryo selection with the highest implantation potential while ensuring no damage to embryos using zona elasticity as the selection criterion. In this communication we outline the biomechanics and safety of zona pellucida (ZP) elasticity measurement using the micro tactile sensor (MTS) system and demonstrate the specific changes in ZP elasticity during oocyte maturation, fertilization, and early embryo development. Zona hardening was demonstrated mechanically following fertilization at the pronuclear (PN) stage, and Young's modulus decreased gradually as the embryo developed. Evaluation of the quality of expanded blastocysts (EPB) showed that the quality of EPBs could also be evaluated from elasticity parameters. Furthermore, the observations indicated that ZPs of embryos generated in vivo were significantly harder than those of embryos generated in vitro at each stage. Preliminary results also indicated that denuded oocytes matured in vitro did not show zona hardening following parthenogenetic activation by strontium chloride, suggesting that sufficient maturation and consequent oocyte activation may be evaluated by increases in ZP elasticity. We conclude that MTS-elective single embryo transfer can be applied to human assisted reproductive technology to enable embryo quality evaluation in both early embryos and EPBs.<br>

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌  

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 25(1), 8-16, 2008-04-01 

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021217555
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    9523716
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ