可溶性HLA-Gは体外受精卵選別のマーカーとなりうるか Can Soluble HLA-G Protein Be a Marker for the Selection of IVF Embryos?

この論文をさがす

著者

抄録

これまで、体外受精卵の良否を正確に表わすマーカーを求めて多くの研究が行われてきた。2002年にFuzziらが一部の体外受精卵はその培養上清中に可溶性HLA-G(sHLA-G)を分泌すること、およびsHLA-Gを分泌しない卵は体内に戻しても着床しないことが報告された。それ以来今日まで、同様の論文が数多く報告されている。もしそれが真実であれば、sHLA-Gは非常に有用な指標となりうる。しかし、問題はその報告にはsHLA-Gを測定するための標準曲線が示されておらず、彼らの方法に従って標準曲線を作製したところ、感度が低く正しく定量されていない可能性があった。そこで我々は、2-6日培養した109個の体外受精卵についてその培養液中のsHLA-G測定を行った。その結果、我々の方法の方が感度が非常に高いにもかかわらず、全くsHLA-Gを検出することができなかった。sHLA-Gを検出したという他の多くの報告についても解析してみると、その標準曲線からは正確に定量できていない可能性がみられた。本稿においてはsHLA-Gの測定法の問題点について検討する。

Soluble HLA-G (sHLA-G) has been reported as a biomarker for embryo quality in human in vitro fertilization (IVF). The first report showed that some embryos had secreted sHLA-G and that the secretion was necessary for implantation. If these data are true, sHLA-G could be a very useful marker for embryo selection. However, one major limitation of the report was a distinct lack of controls relevant to the methods of measurement. Therefore, we re-examined the detection of sHLA-G in 109 culture supernatants from embryos fertilized in vitro. We were unable to detect sHLA-G in any supernatant despite using a more sensitive method than that used in the previous report. We further explored other reports that had shown positive data of sHLA-G secretion from embryos, and found that neither standard curves to enable calculation of sHLA-G concentration correctly nor any data for calibration were available in these reports. In this review, we point out several problems with the detection of sHLA-G in the previous reports, and describe controls and methods that can be used to determine sHLA-G concentrations accurately.<br>

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌  

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 25(1), 17-25, 2008-04-01 

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021217594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    9523728
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ