イヌ卵子のガラス化保存 Vitrification of Canine Oocytes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イヌ卵子を凍結保存するにあたって、2種類のガラス化法について比較検討した。卵巣から採取した卵子卵丘細胞複合体(COC)を30%エチレングリコール、0.5Mシュクロースを保存液としてクライオトップを用いてガラス化する方法(E30S)と2M DMSO、1Mアセトアミドおよび3Mプロピレングリコールを保存液としてクライオチューブでガラス化保存する方法(DAP213)を比較した結果、統計学的な有意差は認めなかったものの、E30SのほうがDAP213よりも正常な卵子の割合が高い傾向であった。イヌ卵子の保存にガラス化保存が適用可能であることが示唆された。

The objective of the present study was to compare the vitrification method for cryopreservation of canine oocytes. Canine cumulus-oocyte complexes (COCs) were collected from ovaries, and were vitrified by ethylene glycol based (E30S) or DMSO based (DAP213) methods. In the E30S method, COCs were exposed to the vitrification solution, composed of 30% ethylene glycol and 0.5 M sucrose, step-wise transferred onto a cryotop holder, then plunged directly into liquid nitrogen. In the DAP213 method, COCs were exposed to 1 M DMSO and DAP213 solution in a cryotube, and thereafter plunged directly into liquid nitrogen. Although vitrified-warmed COCs in the E30S method showed fewer morphological abnormalities, and higher viability than those in the DAP213 method, there was no significant difference in between. These results indicate that either method of vitrification is available and statistically comparable for cryopreservation of canine oocytes.<br>

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌  

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 25(1), 32-36, 2008-04-01 

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021217668
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    9523775
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ