ミニブタ精子抽出物を注入したブタ卵子における p34^<cdc2> kinase と MAP kinase 活性および人為的活性化 P34^<cdc2> Kinase and MAP Kinase Activities and Parthenogenetic Activation in Porcine Oocytes after Injection of Miniature Pig Sperm Extracts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

前核形成には、M II期で高く維持されているp34(cdc2)kinase活性とMAP kinase活性の低下が必要であるとされている。本実験では、精子抽出物(SE)を注入した卵子(SE注入)の活性化率およびp34(cdc2)kinase活性とMAP kinase活性の経時的変化を検討した。なお、比較対照のためにCa(2+)イオノフォア処理した卵子(Ca処理)も実験に供試した。Bufferを注入した卵子活性化率は、0%であった。また、SE注入区およびCa処理区の卵子活性化率は、それぞれ46%および41%であった。SE注入およびCa処理した卵子の4、8および12時間培養後のp34(cdc2)kinase活性値およびMAP kinase活性値は、M II卵子(無処理)およびBuffer注入した卵子のそれらと比較して有意に低い値であった。以上の結果より、SE注入による卵子活性化処理は、Ca処理と同等の効果を有するが、活性化には限界があり、SE注入による卵子活性化処理には更なる改良が必要であると考えられた。

The aim of the present study was to examine the rate of activation and time-dependent changes in p34<sup>cdc2</sup> kinase and MAP kinase activities in porcine oocytes after injection of sperm extracts (SE) or treatment with Ca<sup>2+</sup> ionophore to clarify whether SE injection is useful for porcine oocyte activation. SE was prepared from miniature pig sperm by non-ionic surfactant. Oocytes that were treated with Ca<sup>2+</sup> ionophore and injected with SE were activated at rates of 41% and 46%, respectively. The activities of p34<sup>cdc2</sup> kinase and MAP kinase in each culture period (4, 8 and 12 h) in the Ca<sup>2+</sup> ionophore group and SE injection group were significantly lower than those in the control group. These results suggest that SE injection induces decrease of p34<sup>cdc2</sup> kinase and MAP kinase activity, and induces oocyte activation, as well as Ca<sup>2+</sup> ionophore treatment, but the induction was comparatively limited.<br>

収録刊行物

  • Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌  

    Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌 25(1), 63-68, 2008-04-01 

    日本哺乳動物卵子学会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021217798
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10548943
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13417738
  • NDL 記事登録ID
    9523956
  • NDL 雑誌分類
    ZR4(科学技術--生物学--動物)
  • NDL 請求記号
    Z18-1673
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ