マウス1細胞期胚の体外発生におよぼすBSAの促進効果と2細胞期及び4細胞期における活性型ミトコンドリアの核周囲への局在との関係 Promotion of In Vitro Development of 1-Cell Mouse Embryos with BSA Involves Localization of Active Mitochondria to the Perinuclear Region of Embryos at the 2- and 4-Cell Stages

この論文をさがす

著者

    • 大石 理恵子 OISHI Rieko
    • 京都大学農学研究科応用生物科学専攻生殖生物学分野 Laboratory of Reproductive Biology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
    • 今井 裕 IMAI Hiroshi
    • 京都大学農学研究科応用生物科学専攻生殖生物学分野 Laboratory of Reproductive Biology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University
    • 山田 雅保 YAMADA Masayasu
    • 京都大学農学研究科応用生物科学専攻生殖生物学分野 Laboratory of Reproductive Biology, Graduate School of Agriculture, Kyoto University

収録刊行物

  • 日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer  

    日本胚移植学雑誌 = Japanese journal of embryo transfer 30(1), 1-9, 2008-01-21 

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021219613
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10470788
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13412965
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ