先天性外耳道閉鎖症に過角化症を併発した犬の一例 Atresia of the External Acoustic Meatus Associated with Hyperkeratosis in a Dog

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

左耳下に皮下腫瘤を認める7歳齢のミニチュアダックスフントを外科的に治療した。患犬は先天性外耳道閉鎖症があり、この腫瘤は過角化症を伴った耳垢が堆積したものであった。<br>

A seven-year-old male miniature Dachshund with left subauricular mass was treated surgically. The dog had an atresia of the external acoustic meatus and the mass was diagnosed as the accumulation of ear wax associated with hyperkeratosis.<br>

収録刊行物

  • 獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery  

    獣医麻酔外科学雑誌 = Japanese journal of veterinary anesthesia & surgery 38(2), 25-28, 2007-07-30 

    Japanese Society of Veterinary Anesthesia & Surgery

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021220676
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10158155
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    09165908
  • NDL 記事登録ID
    9452637
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1432
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ