固定造影剤注入時間を用いた造影CT撮像プロトコールの検討 A Protocol for Contrast Enhanced CT Using a Fixed Injection Period for the Contrast Agent

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 谷浦 督規 TANIURA Tokunori
    • 広島大学大学院医歯薬学総合研究科放射線医学 Department of Radiology, Division of Medical Intelligence and Informatics, Programs for Applied Biomedicine, Graduate School of Biomedical Sciences, Hiroshima University

抄録

獣医臨床で,動物の大きさにかかわらず適切な造影効果の得られる造影CT検査のためのプロトコールについて検討した。本実験では,犬および猫(214頭)を対象とし,非イオン性ヨード造影剤(600 mgI/2.0 ml/kg)を,5秒,10秒,15秒,20秒,30秒のいずれかの速度で注入した。造影剤注入時間が10秒以下では,大動脈の時間濃度曲線のピークの幅が狭くなり撮影タイミングをとることが困難であった。一方,30秒では時間濃度曲線はブロードとなった。獣医療での造影CT検査では,注入時間は15-20秒が妥当と考えられた。今回設定したプロトコールにより小動物において再現性の高い造影CT検査の実施が可能である。

The purpose of this paper was to make an appropriate protocol for obtaining desirable contrast effects by contrast enhanced computed tomography (CT) regardless of the size of animals in veterinary clinics. Using a total of 214 cats and dogs of various sizes, non-ionic iodine contrast agent was injected to each animal (600 mgI/2.0 ml/kg) for 5, 10, 15, 20, or 30 seconds at random. When the injection time was 10 seconds or less, scanning timing was too short because the time density curve had a narrow peak. When the injection period was 30 seconds, the time density curve was too broad. Consequently an appropriate injection time was considered to be 15 to 20 seconds. Our protocol will be useful in providing reproducible contrast effects in small animals.

収録刊行物

  • 動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation  

    動物臨床医学 = Journal of Animal Clinical Research Foundation 17(1), 11-13, 2008-03-20 

    Japanese Society of Clinical Veterinary Medicine

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

キーワード

各種コード

ページトップへ