野蚕を宿主とするバキュロウイルスベクター系の魅力と実用化への挑戦

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

1985年前田進博士らは、カイコ幼虫を宿主とするバキュロウイルス遺伝子発現ベクター系の開発に成功した。この有用タンパク質生産系は「昆虫工場」と呼ばれ、世界的な注目を集めるとともに、さまざまな有用タンパク質の実用生産を目指した研究が進められてきた。本稿では、このような昆虫生体を用いた有用タンパク質生産システムの一つとして、筆者らが進めてきた野蚕のバキュロウイルスベクター系の開発について紹介し、その可能性と実用化にむけた最近の取組みについて述べる。

収録刊行物

  • 蚕糸・昆虫バイオテック  

    蚕糸・昆虫バイオテック 76(3), 189-196, 2007-12-01 

    日本蚕糸学会

参考文献:  34件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021221382
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12145323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    18810551
  • NDL 記事登録ID
    9394610
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-343
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ