カイコ濃核病ウイルスと抵抗性遺伝子群

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カイコ濃核病ウイルス(BmDNV)は、養蚕業に影響を与えるウイルスとして古くから問題視され、研究が進められてきた。このウイルスに感染した細胞は、核内で増殖したウイルス粒子による核の異常肥大と、DNA好染性のメチルグリーンやフォイルゲン試薬による核質の濃染を呈する。本稿では、BmDNV抵抗性遺伝子群の概要と、われわれがカイコゲノム情報を用いてポジショナルクローニング法によって行ったnsd-2の単離について紹介する。

収録刊行物

  • 蚕糸・昆虫バイオテック  

    蚕糸・昆虫バイオテック 76(3), 197-205, 2007-12-01 

    日本蚕糸学会

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021221417
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12145323
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    18810551
  • NDL 記事登録ID
    9394618
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-343
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ