中国農業全要素生産性およびその地域間収束性の分析 Total Factor Productivity of Chinese Agriculture, its Convergence and Technological Diffusion among Regions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中国の地域間格差の実証分析は、先行研究として、精力的に行われてきた。その典型例としては、J.Chenand B.M.FleisherやE.Gundlach、日本でも加藤弘之、中兼和津次やその他のものがある。また、反対の意見もあるが、多くの学者は中国経済には地域間格差が存在し、しかもその格差は益々拡大しているとみなしている。本稿は中国農業の全要素生産性を計測し、その地域間格差と地域間の全要素生産性の収束性に関して検証を行うことにする。

収録刊行物

  • 農林業問題研究  

    農林業問題研究 43(3), 293-301, 2007-12-25 

    富民協会

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021226951
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00202829
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03888525
  • NDL 記事登録ID
    9382963
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-410
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ