多角的資源利用と農村経済の持続性 Evaluating Diversified Utilization of Rural Resources : A Case of Rural Tourism

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

農業経済学が対象とすべき領域は、近年急速に拡大しており、農村資源管理の問題を適切にカバーしきれていないきらいがある。従来の農業経済学の枠組みを概念的・実証的に拡大する必要があると考える。同時にそこに、農村資源管理の経済学(以下単に、農村経済学)への展開の難しさもある。しかし、こうした展開を図れるか否かは、農業経済学という領域が現代的な要請に応えられるかの試金石といってもよいであろう。ここでは、農村経済学を農村資源の持続的な有効利用と保全管理を対象とする経済学と規定しておく。そこで、本稿では、農業経済学から農村経済学への展開を意図して、農村ツーリズムによる多角的資源利用と持続性を評価する。その際、国際化で激化する競争条件の下で、本来豊かである農村資源の活用と管理の問題を、農村経済の持続性、つまり内発性と経済的自立性という点からとらえる必要があると考える。

収録刊行物

  • 農林業問題研究  

    農林業問題研究 43(4), 345-354, 2008-03-25 

    富民協会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227049
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00202829
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03888525
  • NDL 記事登録ID
    9660005
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産) // ZR21(科学技術--農林水産--林産)
  • NDL 請求記号
    Z18-410
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR 
ページトップへ