都市ごみと家畜ふんの中温乾式メタン混合発酵 Mesophilic Dry Anaerobic Co-digestion of Municipal Solid Waste and Swine Manure

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみを主体として, これに家畜ふん (豚ふん) を混合させた中温乾式メタン発酵の基礎発酵特性を明らかにすることを目的として投入負荷を変動させて発酵実験を行い, 投入負荷量とバイオガス発生量の関係および投入限界負荷量を求めた。ガス収率は0.3mL/g-Vsadded であり, 投入限界負荷と有機物分解率はそれぞれ6g-VS/kg汚泥・day, 39%の結果を得た。ガス発生量 (y) と有機物負荷 (x) の関係はy=0.3xであった。中温乾式メタン発酵は都市ごみと家畜ふんの資源化処理のための有効な一手段となることを確認した。

The performance of mesophilic dry anaerobic digestion for the treatment of municipal solid waste through co-digestion with swine manure was evaluated. The co-digestion process was conducted on a pilot-scale (20 liters of effective fermentation volume) operating in the mesophilic range (37°C). Biogas production rate was about 0.3ml/g-volatile solids (VS), and the threshold of organic loading rate was about 6g-VS/kg-sludge·day. A correlation was obtained between biogas yield and organic loading rate, y=0.3x (y: biogas yield, x: organic loading rate), when x was below the threshold, and VS removal efficiency was about 39%. The results showed that a mesophilic dry anaerobic codigestion process is an alternative feasible process for treating livestock manure and organic fraction of municipal solid waste.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(2), 72-79, 2008-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  21件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227610
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9406068
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ