機械式けん引制御システム搭載の植物工場用トレーラ車両の開発 Development of a Trailer-Mounted Mechanical Drawbar Control System for a Tractor-Trailer Combination Operation in Greenhouse

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

グリーンハウスにおいて, トラクタ・トレーラからなる連結車両 (TTC) の運転操作を容易にするため, 機械式けん引制御システム搭載のトレーラ車両を開発した。このTTCは, 旋回角が小さく, 狭い通路で運転するとき, 旋回半径を減じること, 直進後退時に発生するジャックナイフ現象やジグザグ走行を防止することを目的にして考案されたものである。コンクリート路面上でTTCの旋回半径及びヨーレートを測定した結果, 旋回半径は従来の一点ヒッチ式に比して約16%, 内輪差は約20%と小さくなること, 直進後進時には従来型はジグザグ走行し, 無操舵の場合にはジャックナイフ現象が現れるが, TTCはトラクタとトレーラが一体構造になるため, ヨーレートは0.025~0.05deg/sと小さいことが判明した。

A prototype trailer-mounted mechanical drawbar control system was developed to facilitate the operation of a tractor-trailer combination (TTC) in greenhouse. It was designed to solve the problems of jackknifing and zigzagging of the TTC when driving in a reverse direction and the large turning radius on sharp curves and narrow roads when going forward. The prototype performance was compared to the conventional drawbar hitching system. The results showed that it attained a straight reverse direction at a minimal yaw rate of 0.025-0.05deg/s while the conventional system was observed to be on zigzag path when controlling the steering wheel and jackknifed when steadily held. A reduction in the turning radius and TTC track width of 16 and 20%, respectively, were attained for a 360 degree turn at a maximum tractor steering angle of 42 degrees.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(2), 80-89, 2008-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227632
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9406124
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ