メタノリシス反応と熱分解を併用した軽油代替燃料製造技術の開発(第1報) : 反応管形状が反応速度に及ぼす影響 Development of New Technology for Alternative Diesel Fuel Production Involving Simultaneous Application of Methanolysis and Thermal Cracking (Part 1) : The Influence of Reactor Design on Reaction Efficiency

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では加メタノール分解反応 (メタノリシス反応) と熱分解を併用した軽油代替燃料製造技術を新たに開発することを目的とした。小型流通式反応装置を用いて油脂のメタノリシス反応の反応速度を指標として反応管形状の評価を行った。内径6mm, 長さ500mmの直管型反応管では原料である油脂とメタノールが完全に混合しないため両者の混合相が小さく, 反応率は最大で14%と低い値であった。反応管を内径1.78mm, 長さ8,000mmのコイル状に変更した結果, 反応率が60%程度まで増加した。反応管径が小さいことに加え, コイル状としたことにより内部の混合・拡散作用の促進が影響していると考えられた。

The purpose of this study is to develop a new process for producing alternative diesel fuel by simultaneous application of methanolysis and thermal cracking. We evaluated reactor design in terms of the reaction velocity of the methanolysis reaction of triglyceride using a small-scale continuous flow reactor. The yield of fatty acid methyl ester (FAME) was 14% or less when using a straight-tube reactor having an internal diameter of 6mm and a length of 500mm. We conjecture that the reason for this low yield is that the reaction area of the two-phase fluids was very small, since oil and methanol did not completely mix in this reactor. We therefore developed a coil-shaped reactor having an internal diameter of 1.78mm and a length of 8,000mm. Using this reactor, the yield of FAME increased to 60%. We consider that the small internal diameter and the shape of the reactor improved the mixing conditions of oil and methanol.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(2), 120-126, 2008-03-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227694
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9406348
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ