穀粒群が受ける空気抵抗に関する研究 Study on the Air Drag of Grains

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

穀粒群が受ける空気抵抗の解明は, 風選別メカニズムを研究する上で重要である。コンバイン脱穀部に流入する穀粒流量は作業速度とともに時々刻々変化するため, 穀粒群が受ける空気抵抗と穀粒流量の関係を明らかにする必要がある。<br>本研究では, 流体計測で使われる粒子画像流速測定法により籾群の飛行速度を測定した。その結果, 空隙率の低下に伴う空気抵抗の影響が明らかとなった。その影響を考慮するための補正係数を理論的考察および実験より導出した。穀粒群の終末速度を算出し実験結果と比較したところ, 導出した補正係数の妥当性を確認した。

A clarification of the air drag of grains is important for investigating the winnowing mechanism. The feed rate of the threshing unit of the combine varies with the operating speed. It is essential to elucidate the relationship between the air drag of grains and feed rate.<br>In this study, the flight velocity of paddy grains was measured by particle image velocimetry, and the influence of the drag of grains associated with decreasing porosity was clarified. Therefore, in order to consider this influence, a correction coefficient was formulated from theoretical considerations and experiments. The terminal velocity of the grains was calculated and compared with experimental result. Then the validity of the formulated correction coefficient was verified.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(3), 58-64, 2008-05-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227783
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9502959
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ