耕うんロボットの適応性と信頼性の向上(第2報) : 無人作業方法の適応性拡大 Improvement of Adaptability and Reliability of Tilling Robot (Part 2) : Improvement of Adaptability of Unmanned Operation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松尾 陽介 MATSUO Yosuke
    • 生物系特定産業技術研究支援センター Bio-oriented Technology Research Advancement Institution - Institute of Agricultural Machinery (IAM-BRAIN)
    • 行本 修 YUKUMOTO Osamu
    • 生物系特定産業技術研究支援センター Bio-oriented Technology Research Advancement Institution - Institute of Agricultural Machinery (IAM-BRAIN)

抄録

実用レベルの無人ロータリ耕を行うことができる耕うんロボットについて, ほ場や作業に対する適応性向上を目標に, 無人作業における作業重複幅の設定や作業経路の履行順等を選択できるように作業ソプトの改良を行った。また, 区画長辺に対して斜めの往復直進作業を行う「斜め作業法」と区画4辺に平行な直進作業を区画全面に対して行う「回り作業法」を提案し, その作業ソフトの開発を行った。作業試験の結果, いずれの作業法についても良好な無人作業が行えることを確認した。

Tilling Robot can perform unmanned rotary tilling at a practical level. To improve the robot's adaptability to a variety of fields and operations, the operation overlap width and the path sequence were made variable in the unmanned operation procedure. New procedures of "diagonal operation", in which the robot returns in a straight path diagonal to the field orientation, and "round operation", in which the robot operates the whole field in straight paths parallel to each of the four field borders, have been discussed, and their operation software has been developed. Field tests confirmed that the unmanned operations with these procedures were successful.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(3), 82-88, 2008-05-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227848
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9503058
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ