メタノリシス反応と熱分解を併用した軽油代替燃料製造技術の開発(第2報) : グリセリン生成抑制条件の検討 Development of New Technology for Alternative Diesel Fuel Production Involving Simultaneous Application of Methanolysis and Thermal Cracking (Part 2) : Investigation of Glycerol Inhibition Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

副生グリセリン処理に要する製造コスト低減を目的として, グリセリン生成抑制, およびメチル化または分解による他成分へ変換のための反応条件を検討した。条件の決定には生成物のグリセリン, モノグリセリド, ジグリセリド, トリグリセリド, および脂肪酸メチルエステルの各含有率, 生成物組成, 粘度を基準とした。その結果, 本試験装置においては, 反応温度440~460℃, 油脂: メタノール混合比2:1 (v/v) が適当な反応条件と考えられた。

We developed a glycerol inhibition process for use in diesel fuel production from animal fats and vegetable oils. Optimal reaction conditions were investigated for the pyrolysis and methylation of glycerol and their effect on product inhibition was clarified. We evaluated reaction conditions and considered glycerol, mono-, di-, and triglyceride content, fatty acid methyl ester content, product composition and viscosity. Optimal reaction conditions included a reaction temperature of 440-460°C and a mixing ratio of 2:1 (oil: methanol, v/v). It is proposed that the treatment of glycerol waste could be omitted under these reaction conditions.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(3), 89-96, 2008-05-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227855
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9503078
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ