近赤外分光法を用いたモミ単粒の水分とタンパク質の推定に関する研究 Measurement of Moisture and Crude Protein Content in Single Kernel of Rough Rice Using NIR Transmittance Spectroscopy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は, 波長750~1000nmの近赤外光を用いて, モミの水分とタンパク質含有量の非破壊測定を目的として, モミ単粒の透過スペクトルの測定装置を試作し, PLS回帰分析によって検量線を作成した。作成した水分検量線の検証を行った結果, R=0.943, RMSEP=0.788%w.b.であった。タンパク質含有量に関しては十分な精度の検量線を作成できなかった。また, モミの厚みをレーザ変位計で測定して, 透過スペクトルの光路長補正を行い, 水分推定の補正を試みたが, 本研究の範囲では効果はみられなかった。

In this study, a near-infrared transmittance measurement system was developed to measure moisture and protein content in a single kernel of rough rice. Calibration model with R=0.943 and RMSEP=0.788% w.b. for moisture content could be obtained using partial least squares regression. On the other hand, calibration model for protein content was not significant enough in this study. In addition, the thickness of each kernel was measured using a laser displacement sensor to correct the optical path length of each transmittance spectrum, which was then applied to the transmittance spectra of the single kernel of rough rice. However, it was not effective to improve the accuracy of prediction of moisture content by correcting the optical path length in this study.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(4), 53-60, 2008-07-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227950
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9574874
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ