流量センサを用いた2番還元流量制御 Grain Return Flow Control Using a Flow Rate Sensor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 自脱コンバインの2番還元流量を目標値に調節する制御システムを開発した。この制御システムでは, インパクト式流量センサで検出した2番還元流量に応じて, チャフシープの開閉制御を行い, 2番還元流量を調節することができた。<br>また, 2番還元流量制御による選別性能を評価するため, 脱穀試験を行ってグレーンタンクに回収された穀粒品質と3番口穀粒飛散について測定を行った。この結果, 穀粒損傷率, 枝梗付着粒率, 穂切粒率, および3番口穀粒飛散率は, それぞれ1.31%, 2.77%, 1.44%, 3.98%以下であった。

This paper describes a control system of grain return flow by using an impact-type grain flow rate sensor in a head-feeding combine. A control system was used to adjust the clearance of the chaff sieve according to the measured grain return flow. This control system successfully regulated the grain return flow at a desired flow rate. In addition, we measured the quality of clean grain in the grain tank and the grain loss from a suction fan, which was proportional to the grain return flow, using indoor threshing tests. Ratios of damaged grain, grain with rachis-branch, unthreshed grain head, and grain loss from the suction fan were less than 1.31%, 2.77%, 1.44%, and 3.98%, respectively.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(4), 69-75, 2008-07-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227967
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9574939
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ