イチゴの品質保持技術に関する研究(第2報) : 果実の包装形態が品質に及ぼす影響 Study on Quality Preservation Technology of Strawberries (Part 2) : Effects of Packaging Methods on Quality of Strawberries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

イチゴ果実に損傷が生じにくいハンドリングや包装技術の開発に資することを目的として, 慣行の包装形態におけるイチゴの品質低下について調査するとともに, 果実に触れないように, 果柄を把持して取り扱う新たな包装形態を検討した。その結果, 慣行の包装形態では, 下段の果実に上段の果実の荷重が作用して生じた損傷のほか, 果実同士やパック面, フィルムとの接触による損傷も多く観察された。また, 収穫時から果柄を把持して取り扱うことで, 果実への損傷を軽減できることを確認した。さらに, 考案した新たな包装形態は, 振動が加えられても果実同士が接触せず, 品質保持に有効であることを確認した。

We examined the quality deterioration of strawberries packed in practical package presentations, and proposed a new form, featuring a strawberry peduncle not touching the strawberry fruit, to assist in efforts to develop handling and packaging methods that would prevent damage to the fruit. We found that damage caused by friction against other fruit, the packaging, and film, as well as by loading in a conventional package was prevalent. Moreover, we confirmed that the method involving handling with a peduncle reduced damage. It was also verified that the new form of packaging was applicable for preserving quality, since it cuts out all the force to which the fruit is exposed, even vibration.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(4), 76-82, 2008-07-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021227977
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9574969
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ