自動連続土壌サンプリングシステムの開発 Development of Automatic Continuous Soil Sampling System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では耕うん作業と同時に土壌採取が行える自動連続土壌サンプリングシステムを開発した。ロータリ耕うん機に取付け, GPSの位置情報に基づき, 予め計画した土壌採取位置で, 耕うん, 砕土された土壌を採取缶に採取・保管すると共に, 土壌水分計を組込み, リアルタイムで含水比測定を可能とした。さらに, GPSの位置情報と土壌データを併せて保存することで土壌状態を容易にマップ化することが可能である。本システムで170m×30mのほ場で, 長辺方向に10m×5m間隔を計画し, 耕うん作業と同時に土壌採取を行なったところ, 平均作業速度0.3m/sの耕うん作業に要した約50分で済んだ。

An automatic continuous soil sampling system was designed and developed in this paper. This system samples and stores the pulverized soil, which was gathered after rotary tilling, into soil-cans at several sampling positions based on GPS data. After the pulverized soil was gathered into soil-cans, the soil moisture sensor was integrated, which enabled real-time moisture content measurement. The measured data from GPS was synchronized and saved with the position data making it was possible to draw the soil map easily. The required time of the soil sampling on a longitudinal direction in a field of 170m×30m was approximately 50 minutes at 0.3m/s average working speed, and the sampling area was divided into a mesh of 10m×5m each.

収録刊行物

  • 農業機械學會誌  

    農業機械學會誌 70(4), 123-128, 2008-07-01 

    The Japanese Society of Agricultural Machinery and Food Engineers

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228022
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00200470
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02852543
  • NDL 記事登録ID
    9575149
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-387
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ