鹿児島県菱刈町における地すべり発生機構とその特性 Mechanism and Characteristics of Landslide Occurrence at Hishikari Town, Kagoshima Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本文は, 流動化した堆積層地すべりの発生機構について述べた。地層構造は27°の風化凝灰角礫岩上に3m前後の堆積土があり, 層界面に沿って運積性粘性土が分布する。<br>この間に部分的に摩擦II型地すべり面が存在するため, 両者で弱面帯を形成する。本文では, 弱面帯の中で摩擦II型地すべり面が占める割合を弱面比と呼称することとした。<br>普通, 弱面比は0. 05程度で安定しているが, 弱面帯上の崩積土が降雨浸透によって一定時間以上飽和するごとに, 摩擦II型地すべり面周辺の運積性粘性土がせん断破壊し弱面比が大きくなり, これが0. 2を超えると不安定な面になっている。<br>この状態のとき, 先行降雨量Q<sub>EP</sub>, 弱面帯の深度をh<sub>s</sub>とすれば<br>Q<sub>EP</sub>=100・h<sub>s</sub><br>以上の降雨量を受けると弱面帯がクリープ破壊して地すべりが発生する。<br>この際, 地すべり部分に崩積土中の砂礫部分からの大量の地下水が短時間に混入すると流動化する。砂礫層の探査には電気探査を用いる方法がある。

This paper describes the mechanism of occurrence of a landslide with flow-type collapse at Hishikari town, Kagoshima Prefecture, Japan.<br>The geological structure of this area is as follows: <br> (1) Collapse soil is on the bedrock (weathering tuff breccia) and is about 3m thick.<br> (2) The inclination of the bedrock is 27C.<br> (3) There is transported cohesive soil along the boundary between the collapse soil and bedrock.<br>When there is a friction-type sliding surface in transported cohesive soil, weak faces are composed of these two parts. When the total length of the sliding surface is l<sub>s</sub> and the length of the friction-type sliding surface is l<sub>f</sub>, then the "weak face ratio" R<sub>f</sub> is expressed by R<sub>f</sub>=l<sub>f</sub>/l<sub>s</sub>. The weak face ratio is generally about 0.05 for a stable slope, but increases when the debris on weak faces is repeatedly saturated by rainfall, and the ratio becomes unstable when it exceeds 0.2.<br>When rainfall exceeds Q<sub>EP</sub>, creep failure of the weak faces occurs, so Q<sub>EP</sub> is given by Q<sub>EP</sub>=100·h<sub>s</sub>, where Q<sub>EP</sub> is an effective preceding rainfall, and h<sub>s</sub> is the depth of weak faces.<br>When a landslide of this type occurs, sliding debris flows as groundwater flows into the sliding debris.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 44(5), 292-301, 2008-01-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228471
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    9367386
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ