スプライン関数を用いた長体状態量計測法 A method for measurement of state quantities of long-body sensor complex using spline function

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

挿入型/設置型傾斜計, パイプひずみ計のような管状物体等の長体を地盤に埋設してその変形時の傾斜・ひずみなどのセンサ情報から地盤や地中構造物の変位・変形・力等に関する幾何学的および力学的情報を得るための実用的で一般的な計測法を開発した。本方法では複数の種類のセンサを備えた長体複合センサとB-スプラインを基底関数としたスプライン関数を利用する。精度的な検討を行うために, 余弦関数の組み合わせや弾性支承上の梁理論で得た形状を利用した数値実験および巻込み型変位計やひずみゲージをアルミ管などに取り付けて変形させる室内モデル実験および野外実験を行い, 良好な結果を得た。また, 現場計測事例も紹介する。本論文では, 本法の原理および理論, 適用条件, 特徴, 精度, 問題点などについて述べる。

We have developed a new practical method to obtain both geometric and mechanical information on the ground and the buried structures such as displacement, deformation and load by setting a long-body sensor complex into the ground and measuring its inclination and strain at each point. This method, called the spline measurement method, utilizes the long-body sensor complex and a spline function of B-spline basis. We have conducted not only numerical simulations, but also bending experiments of long-bodies at both laboratory and in-situ site using actual pipes. Measurement of active landslide was also carried out. The applicability of proposed method was widely examined in addition to referring to the principle and theory of spline measurement. Discussions were made on adopting conditions, accuracy and further problems of proposed method.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 44(6), 349-357, 2008-03-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228573
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    9439875
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ