有限差分法・大変位解析による地すべりシミュレーションの適用性 Application for Large Displacement Landslides Simulation by Using Finite Difference Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地すべり現象は, すべり面を挟み移動層 (地すべり土塊) と不動層の間での相対的なずれ運動が継続する現象である。地すべり土塊の移動現象を数値解析により実際的に再現するには, すべり面でのずれ運動, すなわち, 相対変位が大変位となるまで継続する現象を安定してシミュレートできる手法を適用することが有効である。本研究では, 動的陽解法で定式化した有限差分法の地すべり移動解析への適用性について検討した。そして, この手法を, 地すべり崩壊に至った斜面および再滑動型地すべりが発生している斜面に適用し, それぞれの斜面の特徴的な現象をほぼ再現することができた。

Landslide movement is a phenomenon that a relative shear movement on the slip surface between moving layer and immobile layer continues. It is effective to apply a particular numerical analysis method that the reproduction of continuous relative displacement (large displacement) on the slip surface can be simulated stably. In this study, we examined the applicability of the finite difference method formulated by the explicit dynamic formulation to the landslide movement analysis. This numerical analysis method is applied when slope collapse or reactivated landslide is induced. This method allowed us to reproduce characteristic phenomenon respectively observed in such slope disaster.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides  

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 44(6), 377-384, 2008-03-25 

    The Japan Landslide Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228640
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    9439945
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ