地すべり地末端の崩壊斜面における地盤変位の計測手法の開発 Development of measuring technique of ground displacement in the toe of landslide

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地すべり地末端の崩壊によって堆積した土砂は崩壊の拡大を抑えている可能性が大きく, 応急的に土砂を除去する場合でも斜面変動を監視しながら安全に作業する必要がある。また, 監視自体についても再崩落などの二次災害の危険性があるため, 斜面内に立入らずに遠隔から実施する必要がある。このような遠隔からの監視では, 比較的精度が高くプリズムなどの標的を必要としないことから, ノンプリズム型のトータルステーションを用いることが多い。しかしながら, 標的を使用しないため, 計測結果に客観性がない, 視準誤差が大きい, 緊急時にも関わらず夜間に計測できないなどの課題がある。<br>このようなことから, 筆者らは, 遠隔から斜面に設置できる標的とその設置方法を開発することにより, 観測機器の機械精度に限りなく近い精度で計測できる技術を確立した。本技術は, 再崩壊や被害の拡大が予想される斜面に遠隔から標的を設置し, その標的をトータルステーションにより視準することで地盤変位を精度良く計測しようとするものである。この標的は反射強度の高いガラスビーズ入りのペイントからなり, これを封入したカプセルをクロスボー (弓) の矢の先端に取り付けて, 安全な位置から崩壊斜面に向けて発射して設置することができる。また, 発射の仰角を制御する架台を利用することにより, 300m離れた目標点でも±30cm程度の精度で設置することが可能である。

Sediment deposited at the foot of landslides stabilizes them temporarily, but removal of such sediment when installing emergency measures requires extra caution to avoid reactivating the landslide. It is therefore necessary to remotely monitor the movement of landslides to avoid secondary disasters for safety reasons as well as for reliable monitoring.<br>One of the main remote monitoring methods is to use a non-prism type optical total-station, which is useful for measuring the ground displacement from observation stations because no measurement target is needed. However, the measurement error may be higher than that of an optical total-station that uses targets, and measurement at night is extremely difficult. To overcome these problems, in this study we developed a new method of remotely setting up targets for an optical total-station from landslides. This new method uses a crossbow and a paint capsule attached at tip of arrow. A paint capsule is launched by crossbow, broken and gets on slope as a target of total-station with ± 300cm of accuracy at 300m distance. The target helps the displacement monitoring in landslide.

収録刊行物

  • 日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides

    日本地すべり学会誌 : 地すべり = Journal of the Japan Landslide Society : landslides 44(6), 385-392, 2008-03-25

    The Japan Landslide Society

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

  • <no title>

    財団法人砂防 地すべりセンター

    佐梨川斜面崩壊対策検討委員会, 現地視察会資料, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    国土交通省北陸地方整備局湯沢砂防事務所

    2.10湯之谷村佐梨川土砂崩落災害応急復旧対策工事報告書

    被引用文献1件

  • <no title>

    財団法人砂防地すべりセンター

    地すべり移動量の整理, 2001

    被引用文献1件

  • 平成10年度地すべり危険箇所調査

    綱木亮介

    建設省土木研究所砂防部地すべり研究室部内資料, 1999

    被引用文献1件

  • <no title>

    社団法人土木学会岩盤力学委員会斜面安定小委員会

    岩盤斜面の調査と対策, 1999

    被引用文献1件

  • 測量技術の進展

    財団法人測量調査技術協会

    15周年記念事業図書, 1995

    被引用文献1件

  • <no title>

    社団法人地すべり対策技術協会

    地すべり観測便覧, 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    RUEGE J. M.

    Electric Distance Measurement, 1990

    被引用文献1件

  • 3Dスキャナによる地すべり移動量計測の検討

    淺野広樹

    第40回日本地すべり学会研究発表講演集, 279-282, 2001

    被引用文献5件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228651
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11837172
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13483986
  • NDL 記事登録ID
    9439955
  • NDL 雑誌分類
    ZM49(科学技術--地球科学--地質)
  • NDL 請求記号
    Z15-405
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ