光源制御をマイタケの生体電位の自発性リズム変動に連動させた茸栽培の試み Mushroom Farming using Illumination Control by Synchronization with the Spontaneous Rhythm of the Bio-electric Potential of Grifola frondosa (Maitake Mushroom)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究ではマイタケ子実体の生体電位信号をモニタリングし,信号中の概周期的な生体リズム成分より,光照射のタイミングを制御する方法を考案した.すなわち,子実体をバイオセンサとして用いることで,生体電位の自発性リズム変動に連動させた光照射を用いる新たな栽培技術を提案した.約1時間分析区間長毎の生体電位の上昇や下降の変動特性に応じて,光源装置の点灯あるいは消灯タイミングを試行的に設定した.その結果,12L12D(12時間Light,12時間Dark)の間欠照射あるいは連続照射に比べて,生体電位のリズム変動に連動させた光源制御の方が菌傘の展開が発達したり,新鮮重が増加する傾向となり,茸工場内での生産性向上が見込まれる結果を得た.このように,本研究では特定の個体をバイオセンサとして生体電位信号のリズム変動を計測して,その信号に連動させて茸工場全体の光源を制御するシステムの基盤が構築できたと考えている.<BR>なお,本研究成果の一部は文部科学省科学研究費(基盤研究(C):課題番号16560420)の助成による.

In our previous study of responses of bio-electric potential of the <I>Grifola frondosa</I> fruit body, it was revealed that the bio-electric potential changed according to different light stimuli and the farming environment. Furthermore, it was shown that the changes accompanied a spontaneous, semi-cyclic, biorhythm. Based on these results, in this study, we suggest a new farming technique (using a fruit body as a biosensor) that uses light stimuli, synchronized with the spontaneous rhythm of the bio-electric potential. The illumination (light-dark time) was experimentally controlled in accordance with the fluctuation of bio-electric potential over a period of one hour. Results indicated that good morphogenesis was able to be achieved under controlled illumination, when compared with the conventional intermittent illumination, 12L12D (12 hours light and 12 hours darkness), or continuous lighting.

収録刊行物

  • 植物環境工学  

    植物環境工学 20(2), 90-97, 2008-06-01 

    日本植物工場学会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228842
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12010914
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18802028
  • NDL 記事登録ID
    9536373
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-3397
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ