カイワレ栽培における成長とカチオン(Ca^<+2>, Mg^<+2>, K^+)含有量に及ぼす磁場と音波の効果 Effects of Magnetic Field and Sound on the Growth and the Contents of Cations (Ca^<+2>, Mg^<+2>, K^+) of Radish Sprouts

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カイワレの成長に及ぼす静磁場の印加と音波による加振の効果を,形態変化と無機イオンの含有量の変化から調べた.<BR>静磁場を印加すると,茎丈の伸長,生重量,水分含有量いずれでも増加が見られたが,乾燥重量には有意な変化が見られなかった.一方,無機イオン含有量では,特にK<sup>+</sup>の増加が著しいことから,K<sup>+</sup>による細胞への水の吸収が伸長を促進していると考えられる.つまり,磁場は,カイワレの根からのK<sup>+</sup>や水分の吸収を増進させていることがわかる.<BR>音波の印加では,生重量,乾燥重量,水分含有量はカイワレ全体ではなく,葉では増加,茎では減少と不均一な効果を示した.しかし,茎と葉における乾燥重量の総和では,乾燥重量に有意な増減は見られなかった.無機イオンの含有量では,Ca<sup>2+</sup>, Mg<sup>2+</sup>の含有量は茎と葉で減少しているが,一方,K<sup>+</sup>の含有量は増加し成長増進をもたらしていることがわかる.

Growth of radish sprouts under environmental conditions of static magnetic field(35 mT) and audible sound (50 Hz) was investigated in order to analyze the effects of these two energies on growth and contents of cations (Ca<sup>+2</sup>, Mg<sup>+2</sup>, K<sup>+</sup>).<BR>In the sprouts grown under the magnetic field, the total dry matter weight of stems and leaves was almost unchanged compared with the control plants. On the other hand, the water content was increased.In the sprouts grown under sound,both the total raw and dry weights were not significantly changed compared with the control plants, as well as the magnetic field. However, the growth of stems was suppressed but the growth of leaves was accelerated.<BR>The effects of magnetic field and sound were attributed to the increase of the transportation of K<sup>+</sup> ion into the cells, leading to permeation of water to the cells.

収録刊行物

  • 植物環境工学  

    植物環境工学 20(2), 106-110, 2008-06-01 

    日本植物工場学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021228871
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12010914
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    18802028
  • NDL 記事登録ID
    9536474
  • NDL 雑誌分類
    ZR3(科学技術--生物学--植物)
  • NDL 請求記号
    Z18-3397
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ