新しい農地政策の展開方向 The Basic Framework of New Farmland Policy

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

今日, わが国の農業・農村は, 農業従事者の減少・高齢化, 耕作放棄地の増加, 担い手の農地が分散錯圃の状態にある等さまざまな問題に直面している状況にある。このような中, 農地についてもその政策を見直す必要性が高まったことから, 農林水産省は平成19年11月に農地が国民に食料を供給するための基礎的な生産要素であるとともに, 農業者にとって重要な経済基盤であるとして, 農地の有効利用を促進し, 農地は農業資源として有効に利用されなければならないという理念を明確にするという方向のもと,「農地政策の展開方向について」を示したところである。<BR>本報では, この農地政策の展開方向について, その内容を紹介する。

収録刊行物

  • 水土の知 : 農業農村工学会誌 :  

    水土の知 : 農業農村工学会誌 : 76(2), 133-137, 2008-02-01 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021229585
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12221567
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    OTR
  • ISSN
    18822770
  • NDL 記事登録ID
    9383740
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-364
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ