画像解析によるリップラップ材の現状把握 Examination Method of Present Situation of Riprup by Image Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

農業用ダムでは長期にわたって供用されてきたフィルダムが多く, その機能診断が重要な課題となっている. 本論では, フィルダムの機能診断のうち, リップラップ材調査の省力化を目的として, 画像解析によるリップラップ材の現状把握手法を開発した. デジタルカメラで撮影されたカラー写真のRGBデータを用いて, 最尤推定法と最大事後確率を用いて石部と影部を区別し, 石部を塊毎にグループ分けする手法を開発した. これにより, リップラップ材の粒径分布を推定できることを示した. また, 岩級分類した一部のデータを用いて, RGBデータから最尤推定で分類を再現することも試みた. その結果, 現地で把握したデータとは若干異なるが, 十分参考となるデータを抽出できることが分かった.

Investigation of situation of riprup is very important to examine the function of the dam used for long period. Among several investigations, the picture of the riprup is very useful to know the particle distribution and existing ratio of classification of rock. However, this is very time consuming and troublesome work when the investigation is carried out by manual procedure. In this paper, it is examined that the procedure is carried out automatically by using the image analysis. The most likelihood method and the maximum posterior probability method are used to judge the difference among rock classifications. The data used for judge is RGB data of each pixel. Moreover, the discrimination method of each rock from the binarized image is newly developed. The proposed method is applied to regular and irregular riprups. The results are compared with the ones from manual procedure. The particle distribution form image analysis is very similar to the ones from manual method. While the existing ratio of classification of rock is a little different, the practical application would be effective.

収録刊行物

  • 農業農村工学会論文集  

    農業農村工学会論文集 76(1), 35-44, 2008-02-25 

    The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021229849
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12240517
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    18822789
  • NDL 記事登録ID
    9410063
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-365
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ