妊娠中, 子宮頚部上皮内癌として経過観察され, 分娩後に乳頭状扁平上皮癌と診断された1症例 A case of papillary squamous cell carcinoma diagnosed after delivery, which was observed as diagnosis of carcinoma in situ of the uterine cervix during pregnancy, Report of a case

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology  

    日本婦人科腫瘍学会雑誌 = The journal of the Japan Society of Gynecologic Oncology 25(4), 357-363, 2007-12-25 

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021237642
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11308546
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13478559
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ