ホスファチジルイノシト-3-キナーゼ阻害薬による関節炎制御 Therapeutic potential of phosphoinositide 3-kinase inhibitors in rheumatoid arthritis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

  関節リウマチは全身性の慢性炎症性疾患であり,進行性の関節破壊により関節機能障害をきたす.関節局所では,炎症性細胞浸潤と腫瘍性の滑膜細胞増殖が認められるが,これらは様々な細胞における細胞内シグナル伝達の過剰亢進によるものである.そのなかでも,ホスファチジルイノシトール3-キナーゼ(PI3K)は,種々の細胞表面レセプターからのシグナルにより活性化し,細胞の活性化や増殖,分化,接着,遊走など誘導する.PI3Kは,関節リウマチにおいても抗原提示によるT細胞・B細胞活性化,好中球やマクロファージなどの炎症細胞浸潤,滑膜細胞増殖,肥満細胞活性化など,病態の各ステップに深く関与していると考えられる.実際に,最近報告された新しいPI3K阻害薬であるAS-605240 (PI3Kγ選択的阻害薬)や我々が用いたZSTK474は,明らかな毒性を示すことなくコラーゲン誘発性関節炎マウスにおいて関節炎抑制作用を示した.これらのことから,PI3K阻害薬は関節リウマチの新たな治療薬となり得る可能性がある.<br>

  Activation of PI3K is a key step of intracellular signaling involved in many cellular functions. PI3K inhibitors have shown anti-rheumatic effects on arthritis model in mice. PI3K is a potential therapeutic target of rheumatoid arthritis<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(5), 369-374, 2007-10-31 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  45件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021241706
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ