関節リウマチの治療標的としてのNF-κB NF-κB as a therapeutic target of rheumatoid arthritis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡本 尚 OKAMOTO Takashi
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科細胞分子生物学 Department of Molecular and Cellular Biology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 土屋 篤志 TSUCHIYA Atsushi
    • 名古屋市立大学大学院医学研究科細胞分子生物学 Department of Molecular and Cellular Biology, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

抄録

  NF-κB (nuclear factor kappa B)は,細胞外シグナルによって活性化される「誘導型」転写因子のひとつであり,その標的遺伝子は炎症免疫応答関連因子,アポトーシス抑制因子,細胞増殖促進因子,一部のウイルスおよびNF-κB自体の制御に関わる因子をコードするものである.そのため,関節リウマチ(RA)をはじめとする自己免疫疾患,がんや白血病などの悪性腫瘍,後天性免疫不全症候群(AIDS),など多彩な病態の発現と維持に関与する.他方,RAの治療薬として使われてきた薬剤の中にはNF-κB阻害活性の見つかった化合物もあり,RAとNF-κBとの間には,それと意識する以前から強い関連があると考えられる.ここでは,改めてRAの病態を整理し,NF-κBの関連する部分とそうでない部分をできるだけ明確にし,NF-κBを阻害することによって治療効果が得られると期待される病態と,そうでないものとを分けて考えることを試み,近い将来のNF-κBを分子標的とした新しい治療法の是非を論じる.<br>

  Nuclear factor kappa B (NF-κB) is an inducible transcription factor that is activated through intracellular signal transduction pathways. Its target genes include those that are responsible for immuno-inflammatory responses, apoptosis inhibitors, growth promoting factors, virus-encoded proteins involved in viral replication, and self-regulatory proteins for NF-κB actions. Thus, it has been reported that NF-κB plays major roles in the pathogenesis of cancer, leukemia, autoimmune diseases such as rheumatoid arthritis, and AIDS. On the other hand, it has been revealed that some drugs that are effective in the treatment of rheumatoid arthritis have actually inhibitory activities of NF-κB actions. In this review, we have attempted to analyze various pathological steps of rheumatoid arthritis especially by depicting the steps that involve NF-κB. We also discuss possible therapeutic strategies with NF-κB as a major target.<br>

収録刊行物

  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology  

    日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 30(5), 383-389, 2007-10-31 

    The Japan Society for Clinical Immunology

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10021241775
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00357971
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09114300
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ